きょうこのことを思う


私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません


だからお寺に行く必要はない…

なんてとんでもない。



亡くなった人が、本当に存在を消してしまうのは、

人から思い出されなくなった時。

「千の風になって」の歌詞の内容が信じられない時。

あの兼好法師も、
人の亡き後何が悲しいかというと、

その人の生きていた痕跡が何もかもなくなってしまうこと

だと述べている。

亡くなった人を思い、

自分をこの世に作ってくれたご先祖に感謝するために、

お墓があり、宗教があるのだ。

私たちが今こうしてあるのは、自分の力ではない。

そう、I was born

だから、自分をこの世に存在させてくれたご先祖を思うことは必要なこと。

それは、自分を振り返ること、

自分を強くすることであるのだ。

自分はこの世にひとりではないということを思うことが、

どんなに人を強くするか。


現代日本人の心が荒んでいるならば、

(少なくとも、自殺者が変死を含めず(他国では変死を自殺に含めている)年間3万近くというのは荒んでいるといえると思う)

その原因のひとつは、

日本人が宗教という心のよりどころを忘れたからだと思う。


お墓は、宗教に立ち返るためのツール、スポットとして存在する。

本当に「千の風」になった人を感じられるならばそれがいいかもしれないが、

まだ私達には難しい。

そこで、お墓が存在する。


時がもっと経って、私達が、お墓を要することなく亡くなった人を感じられるようになったら、

宗教は、死生観は、どうなるんだろう。

「宗教離れ」が進んでいるように感じる。

お寺を信じなくなっている。

これはとても危険なこと。

お寺は
・私たちのルーツであるご先祖とのつながりを作ってくれる

・親戚や学校・職場と違う角度での人とのつながりを持てる

寺離れとは、人間の分断化。

人はひとりでは生きていけないのだから、

この流れに乗ってしまうと「死」が待っている。


檀家制度は江戸時代にできたもので

元はキリスト教徒ではないことを寺が証明するためのものだったそうだが、

コミュニティづくりに大いに一役買っているわけだから

徳川はうまいことやったわけだ。

実際、250年近く戦争をしていないのだから。

だけど、

現代社会において、宗教の求心力は脆弱になっている。


宗教団体は怖い…
搾取される…
という思いを抱いている人は確かにいるわけだし。


それならポイントはひとつ。


カネ


・やたらと羽振りがよくないか?
・法外な金額をふっかけてこないか?
・しつこくお金を払うことを求めてこないか?


そんな宗教ならアウト。

よく考えた上で、お別れを告げましょう。

そうでないならば、別に毛嫌いしなくてもいいじゃないですか。

むしろ、積極的に遊びに行ったらいいのでは?

お坊さんと仲良くなろう。


このお彼岸は、お寺をしっかり見る格好のチャンス!

いいお寺といい関係を築き、現代を生きましょう!





このページのトップヘ