きょうこのことを思う

「水仕事で手が荒れた…指紋が消えるくらいにね」

それ、洗剤のせいですよ。
わかっていて、まだそれ使うの?

これ1本でなんでも使えるのに。

手荒れ、まったくしないのに。


「松の力」

雑談が盛り上がるか。
話していて楽しい、心地よいか。
あまり表だって言われない気がするが(気のせい?)
人生を送るにあたってのパートナー(未婚。既婚を問わず伴侶・友人・仕事関係)を選ぶにあたって、
それは非常に重要なこどだと思う。
だから、雑談が苦手な人は人づきあいに自信が持てなくなる。
人づきあいにおいて大切なことはほかにもあるにもかかわらず。


雑談が苦手な人は、
相手の話を「うんうん」と聴いていればいい。
なんて嘘。
話好きでも、相手がただ話を聞いているだけというのは退屈なもの。
まして、相手が無理して話題を見つけて話している場合、
黙って聞くだけの相手というのは大きなストレスになる。

正確には、「うんうん」と聴いていればいい、というのはおまけのようなもの。
本当にやるべきは、「訊く」―そう、質問すること
特に、相手が話し始めてからは、「訊く」ポイントを相手の話の中から探す。
そこで「うんうん」を使う。
相手の話が切れたら、あなたの本領発揮。
見つけた「訊く」ポイントを使って質問だ。
ただし、「○○って、~~~~~~なの?」という、
確認のような質問はダメ。
答えが「うん」なら、そこで終わってしまう。
相手の話を掘り下げるのだ。
その過程で相手の興味・関心をつかめたらしめたもの。
思う存分話してもらおう。
話し終えたら、相手は、やがて、あなたを好きになる。
なお、このやり方をしているうちに、あなたからも話したいことができてくるかもしれない。
その時は、相手の話に区切りができた時点で話し始めればいい。
そこで話が切れた場合は、また「訊く」のだ。


もし、何を訊いても話が弾まなかったら
そのときは、あなたではなく、相手が悪い。
相手が、他者の話など聞く気もない自己中心的な人間か、
残念なことにあなたと話すことに興味がないのかは定かではないが、
言えるのは、
あなたの貴重な時間を割くべき相手ではないということ
仕事など、必要がある相手なら、必要なときだけの辛抱。
そうでなければ、こちらからさようなら。
人生は短い。時間は有効に使うべきだ。

このページのトップヘ