きょうこのことを思う

恋愛結婚が主流になって、


自分の気持ちを大切にできるようになった


といういいことができた反面、


あまりにも恋愛にこだわりすぎて動けなくなっているように思う。


その結果、結婚に対して


構えるようになってしまって、


結果、未婚者が増えた



なんてことがあるのでは?


確かに金銭的な問題もあるのでしょうが、


若者の気持ちの問題もあると思う。





みんな恋愛結婚にこだわりすぎ。


お見合い結婚、いいですよ。


最も恐るるべきは、


老後ひとりでいることだと思う。


人はひとりでは生きていけないのだから。

入試が迫る。

就活準備も…

大事な取引も!

寝坊はできない!!


そんなとき、寝起きをよくする方法。

1分でできる。


それは…


寝る前にスマホの電源を切る。

そして、頭から遠ざける。


スマホでなくても、ガラケーでも同じこと。



現代人が眠れないのは

電磁波が眠りを妨げているからだと思う。

電磁波の害
http://blog.goo.ne.jp/yamato528/e/9f707024fcb7b4096f4762a85f27cbd0

それじゃ、スマホだけではなく

・電子レンジ
・テレビ

もやめたほうがいいのか⁉︎





……そうなんだろうが。。

電磁波を発するものに助けられている場面は多々あり

なかなかやめることは難しい。

ならば、せめて、

明らかに離れられる場面では離れよう。


特に受験生の皆様。

見たら、早速今日から始められてください。

効果てきめんですから。



…え?目覚ましに使っている?

やや効果が落ちる感じはありますが、

機内モードでどうぞ。

一番は、目覚まし時計ですが。



先日、チョコレートの陰には児童労働があるという

知る人はきちんと知っている話を書いた。

この話も紹介いたしました↓
http://acejapan.org/childlabour/report/chocolate   



だが

児童労働の中にある子どもたちは不幸で

そうではない子どもは幸せであると

本当に言えるのだろうか。


私の知っている小学生の話。

宿題がいっぱい出る

宿題を忘れたら、昼休みは教室から出られずずっとお勉強

チョコレート農場で働いている子どもに置き換えるならば

カカオの実をいっぱい採らされる

ノルマが達成できなかったら、農園から出られずずっと実採り

ということか。


…あれ??


やっていることが違うだけで、

学校通いの子どもも、農場で働く子どもも、大して変わらない?

確かに、学校に行けば知識が授けられる。

授けられた知識で、いろいろなことができる。

だが、学校に通う子どもにとって、

時間を費やして得たものがどれだけ実社会で生かせるか。

…それは、子ども以上に、大人の私たちがわかっていることでは?

そうであれば、学校も、児童が労働していないというだけで

児童の心境としては大して変わらない。

何より「学校が休みでうれしい」という気持ちを

多くの人が持っている時点で、見えているじゃないですか。

学校に通う子どもの「テストの点数」が

チョコレート農場では「採った実の数」ということ、それだけ。



本当の不幸せは

学校に行かずに働かされる

ということではなくて

自由を奪われる

ということではないか。



労働に自由を奪われる子ども

教育に自由を奪われる子ども

案外、どちらも似たようなものなのかもしれないと考えてしまう。

このページのトップヘ