きょうこのことを思う

辛いけれどがんばる。

そうするべきだと思うし、
そうできる人は素晴らしいと思う。

一方、そう思うことは危険なことだという気もする。
どこまで耐えられるかを見極めないと、
自分の身を滅ぼす。


長い目で見て、
がんばることが自分のためになるならば
辛くても辛抱すべきだし、
ためにならなければ
辞めどきを見計らってやめるべき。

現代社会は、がむしゃらにがんばればいいという時代ではないと感じる。
がんばりどころを見極めないと。


ところで、辛いけれどがんばるのは人間だけなんだろうか。
人間以外の動物で、辛くても辛抱してがんばるやつはいるのかな。
いたらコメントをください。

都会から移住!農作業を手伝いながら田舎暮らしをする「山奥ニート ...

www.hanakuro.jp › way-of-working

山奥ニートという言葉を今日初めて知った。
「働いたら負け」と記事にはあったけれども、彼らはばっちり働いている。
働く目的が食べ物を得るためなのならば、別に長期に雇われていなくていいわけだし。


ここで疑問に思った。
働いているとは、雇われるということで、
他の場合の働き方は認められないのか、と。


働いているといえるのは、
外で他の人に雇われることだけではないと思う。
働いているということが雇われるということだけならば、
自営業や主婦は働いていないことになる。
おかしいでしょう。
この人達も力を尽くしている。
そもそもサラリーマンは
こういう人がいなくなればやっていけなくなるはず。


外で働いてお金を持ってくることだけに価値があるという考え方では、
いずれ日本は破綻する。

気づいている人もいるだろうが、
この世の中、本当に大事にされているのは、人じゃない。
金(カネ)だ。

実際、世の中で起こっていることをこの尺度で見たら、
かなり納得できることが多い気がする。

(またクローズアップ現代)

バス転落:東京発のスキー客ら15人死亡 長野・軽井沢の碓氷バイパス - 毎日新聞 - 毎日jp

mainichi.jp › graphs › hpj

いずれも、
人ではなくカネを大事にしているからこんなことが起こるのだ
と捉えれば納得できる。


現代社会で起こっていることを考えると、これでほとんどつじつまが合う気がする。
雇用の問題も、
少子高齢化も、
環境問題も、
人や自然を大事にするのは、
そこにあるカネがほしいからなの。
一億総活躍?
本当は女性に管理職になることなんて期待していない。
本当はカネを生み出す労働者になってほしいの。
世の中みんなコスパ重視。
誰もがみんな、人を安く買い叩きたい。


気づいているかもしれないが、
極端に安いものを求めるということは、
いつか自分が安く買い叩かれても
仕方ないということ。
カネを第一にするということは、
いつか自分もカネで測られるということ。
それでいいの?


私は、安く買い叩かれたくないので、
世の中にアンテナを張り、
何を選ぶかをよく考えて生きようと思います。

このページのトップヘ