最近の若者は
車離れ
海外旅行離れ
酒離れ
○○離れ!
けしからん!

…何が「けしからん」だ。
いいじゃない。

車離れ
そもそもみんなが車を持つようになったこと自体がここ60年くらいのこと。
車を持たなかった時代の方が断然長い。
そんなことは皆わかっているはずでしょう。
だから、ただ元に戻っただけ。
都会なら、車を持たなくとも電車で十分。
田舎だって、実は車ではなく公共交通機関を使うことを求めているかもしれない。
実際、私の地元のバスには
「通勤にはマイカーをやめてバスで!」
と大きく書いてある。
自動車の排気ガスは地球環境を破壊する。
自動車のガソリンは地球の資源を大量に消費する。
車離れは、私たちの住む地球を守ろうとする、自然な流れなのかもしれない。


海外旅行離れ
海外とはどうしても行かないといけない場所なのか?
行って遊ぶだけなら、海外に行く必要がどこにある。
・海外を見ておきたい
・海外でないと味わえないものがある
・現地の人と交流したい
本当に海外に行く必要があるのはそういう人だけであって、
多くの人にとっては必要のないこと。
それに、飛行機代はかつてに比べて安くなった。
「海外に行く」のは、もう金持ちのステータスでもなんでもない。
ステータスがほしいからという理由で、
みんながやっているからという理由で、
ものごとをやるのはもう時代遅れかもしれない。
海外旅行離れは、私達に真価を見極めさせる。


酒離れ
これはタバコでも同じことが言えるかもしれないので
「酒・タバコ」で書く。
酒・タバコこそ、無用の嗜好品の最たるものだと思う。
「ほどほどにすれば百薬の長」だというが、ほどほどにしている人間はどれだけいるか。
現代人のほとんどが「これなら飲まない方がまだ健康的だ」という飲み方なのでは?
「酒を囲んでの会」も無駄だ。
酒を飲まないと言えないこと?
酒を飲まないと仲良くなれない人?
日本は公然と酒に依存させる社会ということか。
酒に頼らないといけないことなんてくだらない。
こんなに酒に頼っているのは日本人くらいなもの。
国際化を気取るなら、私達はいよいよ、酒に頼っている場合ではなくなったということだ。


他にも「○○離れ」で離れていることは、
みんなが憧れるものではなくなった、という側面もあるだろう。
離れられる「○○」は、一昔前の憧れ。
そして、そうして使われるお金は企業の利潤として吸い取られる。
「○○離れ」によってそこからの脱却が起こっている。
これは、大きくなるだけの経済からの転換のはじまりではないか。


唯一「宗教」だけは、離れない方がいい…どころか、
ますます大切にするべきだと思う。
現代は核家族化・個別化が進んでいる。
それぞれやりたいことができる一方、人とのつながりは薄れてきている。
すると、頼れるものはお金だけということになるが…
どんどん貧しくなっている私達に、どこまでそれに頼れるものか。
貧しくなってきている今、人とのつながりの大切さに立ち返るべきではないのか。
その媒介として、宗教があるものと思う。
現代における宗教の役割は、
生きている人同士
生きている人と亡くなった人
をつなぐことにあるのかもしれないな。、