この前大学の後期日程が終了したのに、 
もう次の学年が現役生になろうとしている。
世の中はなんでも先取りだ。


今年、大学に入る人。 
現在の大学生。
(特に、入ってから学部に違和感を感じている人)
これから大学進学を希望する人。 
そして、大学を卒業した人。 
借金を抱えてでも入った人は、
何を得るべく大学生活を過ごすべきか。 


「大卒」の学歴?
学部で得られる資格?
確かにそうだけれども、それだけだと、人生は行き詰まる。


現在、(大学からすれば)悲しいことに、 
研究者にならない、多くの大学進学者にとっての、 
(つまり、研究機関であることを本質として掲げたい大学からすると 
「実を結ばない花」なのかなあ) 
私の思う、大学で得るもの。 

①進んだ先の学問から見える、社会に対するアプローチの方法
言わずもがな、大学の学問は、 
現在・過去・未来の社会の
ある一面に
スポットを当てて研究しているもの。 
その研究をすることで、
社会をどういう風に見るかという視点が養われる。 

②進んだ先の学問を志す人とはどういう人なのか
学問の種類は多岐にわたる。 
数多くある学問の中で、
自分と同じ学問を志望した人が
どういう人なのかを知り、 
他者から自分を映し出すことができる。
一種の自己分析。

③学問に興味をもつ理由は何なのか
②同様、自分を分析することに結びつく。
進んだ学部の内容に、
興味を持って取り組めたとしても
当初志した学部の内容に興味を失ったとしても
自分自身を再発見することができるだろう。
自己分析を行うことで、
自分自身の幸福を追求することができるのではないか。

④大学での人との出会い 
これが最も重要だと思う。 
高校までとは違い、
基本的に大学で出会う人とは、 
知的レベルや興味関心が同じ人である。 
いわば、高校までの友人は
「体験を共有する友人」だが、 
大学の友人は
「精神世界を共有する友人」というわけだ。 
大学において、
精神世界を共有するという体験をすることが、 
人間としての幅を広げることとなる。 


大学に即戦力を求める傾向は
ますます強くなる。
しかし、大学でないと取れない資格を身に着けた人間になる、
というだけなら
この世の中において、
いいように使われるだけ。
都合が悪くなれば捨てられるだろう。
それが、あなたにとって本当に幸せなことなのだろうか。
どんな学問であっても、
深めることで、
小さくても、
個人や社会全体の幸福を追求することができるのではないか。
私達は生きている以上、
どうしても幸せを目指す生き物だから。