言葉では嘘をつける。
表情も嘘をつける。
しかし、感情は嘘をつかない。
そこを使って嘘を見抜く。
それが「嘘発見人 万目今日助」


人間の基本感情は、6種類に分類される。
(このことは本作品で言っていたのではなく、別のところで聞いたが、
これ以外の感情は「二次感情」。
6つのどれかが基盤にある)
感情を表す筋肉のほとんどは自分の意思では動かせないため、
本物の表情とニセモノの表情を見分けることができる。
そこから、嘘を暴くことができるーー
というわけだそうだ。

実際の人間の嘘を、
表情から見抜けるようになるにはかなり訓練を要するが、
ゲームの中では、表情をかなりわかりやすいものにしている。
そのため、表情分析はしやすい。
ストーリーでの人間模様は、かなり微妙なところを突いている。
途中、正解を選びにくい箇所はあるが、
(難しい、のではなく、どう考えたらいいのかつかみにくい)
人の心の機微をうまく突いていて、
実際に人を見るにあたって大変勉強になる作品。

8/9 改訂
少し前から「新装版」が出ていました。
そちらの方が以下の点で良いです。
・ストーリーのわかりやすさ
・ボタンの押しやすさ
・交渉にあたりどういう嘘をつくか?という点でも遊べる