重松清先生の著作が私の愛読書。

著者が執筆において提示しているテーマは
「ひとり」対「みんな」というテーマだということを、
講演を拝聴する機会があって知った。
『きみの友だち』 は、そのテーマが色濃く表れている。

「恵美ちゃん」は本作において2回主人公になる。
「みんな」を信じなくなった小学校時代と、
友だちとのお別れを経験する中学時代の2回。
主人公でなくても、必ず恵美ちゃんは出てくる。
この話の登場人物が、まるでそれぞれの到着地点に向かう途中で
恵美ちゃんを「通り過ぎる」。
みんな、到着してもほとんど何も解決していないけれど、心は晴れやかであるようだ。

みんなを信じず、心を開かない「恵美ちゃん」の
唯一の友だちが「由香ちゃん」という女の子。
「由香ちゃん」は、「みんな」から超越した存在。
私たちの日常生活、特に学校に通っている人だと、
「決まったグループに入れない」人はどことなく色眼鏡で見られる。
そのことが原因なのか、当人は非常に大きな苦痛を伴う。
一般的にはそうじゃないのか。
しかし、由香ちゃんは、そういう苦痛を感じている様子がない。
見せないのか、そもそもないのか、はわからないけれど、
いずれにせよ、人付き合いの苦痛を感じている様子が書かれていないのだ。


ひとりひとりは悪い人間でないのに
「みんな」となると残酷になる。
グループの中で、グループに入らない人を、
攻撃してしまう。
「みんな」から離れれば人は間違いなく幸せになれるのに、
なぜ離れられないのだろう。
「みんな」を信じない恵美ちゃん。
「みんな」から超越した由香ちゃん。
その他、いろいろな立場で「みんな」の中にいる人たち。
その心の描き方が、非常に絶妙。