きょうこのことを思う

2016年08月

幸せとはどういう状態のことをいうんだろう。

その迷いに答えてくれる言葉を見つけた。



ミナミのライト らいと ライフ
20160830分

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

私たちはいつもあなた達にご機嫌さんでいてくださいとお伝えしています。

でも、それはいつもハイテンションでルンルンしていてくださいと言っているのではないことを分かってください。


ご機嫌さんとハイテンションは違います。

ハイテンションは一時的なものです。

何かの刺激があるとハイテンションになりますが、それは長続きしません。

ずっとハイテンションでいることは無理です。

それにハイテンションになることばかり考えていたら疲れてしまいます。


ご機嫌さんでいるというのは、すっきりする?自分に納得する?ということです。

気持ちがいいということです。

言葉でお話しするのはとても難しいですね。言葉の壁です。


たとえばあなたは掃除が嫌いかもしれません。

出来れば掃除はしたくない・・でも、汚れは気になって仕方がない。

したくない、でも気になる・・といった状況の時は、どちらがすっきりするかというところで考えてください。

見てみないふりをしていると、なんだか気持ちが悪くて他のことをしていてもなんだか楽しくない・・これもある種の我慢なのです。

したくない、でもした方がすっきりする、だから掃除をする・・それもご機嫌さんになるということです。


掃除をすることでルンルンもワクワクもしないし、ましてやハイテンションになんてならない。

でも、掃除をすることで気持ちはよくなる、すっきり出来る・・と思うならそれがあなたがご機嫌さんになる選択だということです。

掃除をしてすっきりすることがご機嫌さんになるということです。

別に好きなこと(ルンルンする、ワクワクする、ハイテンションになる)ことばかりしているのがご機嫌さんになるということではないのです。

伝わっていますでしょうか?


仕事をしていて壁にぶち当たった・・この壁をどうやって乗り越えるか?と考えることも

ご機嫌さんになることの一つです。

好きな仕事をしていると、壁を乗り越える方法を考えることもご機嫌さんでいることなのです。

乗り越えるか? 壊すか? 横を通り過ぎるか? たくさん方法を思い描くことを楽しめるのです。

ゲームで楽しんでいるような感覚で仕事も楽しめる・・それがご機嫌さんだということです。

好きではない仕事をしていると、壁にぶち当たった時に乗り超えることを困難なことだと思います・・それを楽しむなんてまったく考えられません。

だから、好きな仕事(壁を楽しめる仕事)をしてくださいとお伝えしているのです。


好きなことをしてご機嫌さんでいてください・・というのは、ルンルン、ハイテンションでいてくださいと言っているのではないことを理解していただければうれしいです。

まわりから見ればツライことをしているように見えても、その人が楽しんでいればいいのです。

楽しんでいれば、イライラしたりすることはありません。

深刻になることもありません。

楽しいことをやっていますから、我慢することもないのです。

好きではないけど、掃除をすることで気持ちよくなるからするんだと思ってすればそれもご機嫌さんになる選択なのです。

自分の中が納得し、すっきりすることをご機嫌さんと言っているのです。


何か心の中にモヤモヤしたものがある時は、どうしたらご機嫌さんになれるかを考えてみてください。

そうすれば、すっきりとした選択が出来ます。

自分で納得できる選択が出来ます。


ご機嫌さんでいてください・・そうすれば、楽しい現実、気持ちのいい現実を創造することが出来ます。


ご機嫌さんとハイテンションは違うということを理解していただければと思います。



あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

似たようなことは、前から思ってはいたし、なんとなく知ってはいた。
だが、たまたまかもしれないと思い、人には言えなかった。
この本を読んで、本当なんだと勇気が出た。


『夢を叶えたいなら、その夢に「名前」をつければいいんです。』
ミナミAアシュタール
泰文堂

はっきりした夢を描く。

夢を描けば行動が変わる。

人生って、とっても甘いのよ〜〜


とても現実的な、夢を叶える本。
勇気と元気をもらえる本。


描けば叶うものではない?
…ならば問う。
その夢は、周りに合わせた夢じゃないか?
その夢を叶えてどうなるか、というビジョンのある夢か?


夢は、なんでもいい。
夢を描けば叶う。

重松清先生の著作が私の愛読書。

著者が執筆において提示しているテーマは
「ひとり」対「みんな」というテーマだということを、
講演を拝聴する機会があって知った。
『きみの友だち』 は、そのテーマが色濃く表れている。

「恵美ちゃん」は本作において2回主人公になる。
「みんな」を信じなくなった小学校時代と、
友だちとのお別れを経験する中学時代の2回。
主人公でなくても、必ず恵美ちゃんは出てくる。
この話の登場人物が、まるでそれぞれの到着地点に向かう途中で
恵美ちゃんを「通り過ぎる」。
みんな、到着してもほとんど何も解決していないけれど、心は晴れやかであるようだ。

みんなを信じず、心を開かない「恵美ちゃん」の
唯一の友だちが「由香ちゃん」という女の子。
「由香ちゃん」は、「みんな」から超越した存在。
私たちの日常生活、特に学校に通っている人だと、
「決まったグループに入れない」人はどことなく色眼鏡で見られる。
そのことが原因なのか、当人は非常に大きな苦痛を伴う。
一般的にはそうじゃないのか。
しかし、由香ちゃんは、そういう苦痛を感じている様子がない。
見せないのか、そもそもないのか、はわからないけれど、
いずれにせよ、人付き合いの苦痛を感じている様子が書かれていないのだ。


ひとりひとりは悪い人間でないのに
「みんな」となると残酷になる。
グループの中で、グループに入らない人を、
攻撃してしまう。
「みんな」から離れれば人は間違いなく幸せになれるのに、
なぜ離れられないのだろう。
「みんな」を信じない恵美ちゃん。
「みんな」から超越した由香ちゃん。
その他、いろいろな立場で「みんな」の中にいる人たち。
その心の描き方が、非常に絶妙。

これまで、いろいろなものを「おすすめ」してきたので、

手に入りやすいようにしたら親切だな、と思い

(私にもいいことはあるし…というのが本性⁇)

Amazonでアフィリエイトを始めてみました。

livedoorのブログから設定を行う…

ここまではいい。

…が。

Amazonからリンクを貼っても反映されない!!   


どうやら、こんなことをやらないといけないらしい…


そこで、登録をする。


そして、この手順通りにやる。

このページの説明がわかりやすい。

私もこれで問題を解消した。

のんびり生きたいブログ : 無料版livedoorブログでアフィリエイトリンクを貼る方法

  

テストをかねてこのページ。

内容としても、特に人に勧めたいものです。
http://th1nk1n9news.ldblog.jp/archives/5420605.html   

このページのトップヘ