きょうこのことを思う

2017年04月

もう寄付なんてしない。

しちゃいけない。

いきなり刺激的な書き出しだが、本当だと思う。



支援なんてしちゃいけない。

支援とは、殴って塗り薬を与えるようなもの。

だって、はじめから殴らなければ
支援なんて必要ないのだから。

私達が動くべきは、

いかに支援するかではなく

いかに支援の必要がないようにするかということ。

つまり、
戦争をなくすこと。

貧困・格差をなくすこと。

地球にはびこる
搾取構造をなくすこと。


私達でそのためにやれることは、

私達のお金を戦争の資金源にさせないこと。



身の回りの食べ物・着るもの・日用品がどうやってできているかを知ること。

他には?

日本人が日本人らしくあれば、


放射能なんて怖くない。


「放射能がうつる」とか


対にありえないし。



それでも怖いなら、


日本の昔からの食事を食べるといい。

http://ameblo.jp/kurashi-nizi/entry-11974315400.html


長崎原爆の被害が食い止められたという

実例もある。

秋月辰一郎氏

http://caregohan.jp/power/


手作り味噌

国産大豆納豆

わかめ

昆布

玄米

天日塩(ナトリウム95%以下)

リンゴ


パンに牛乳、甘いお菓子を食べながら

「放射能怖い」なんて言うな!


妊婦さん・小さなお子さんのいる人は

放射能が怖くなくても!

シリア攻撃の拠点に

日本がお金を出している火力発電所が

電力を供給していた可能性がある

とのこと!

外務省に取材しても、
はっきり「NO」とは言っていない…


戦争をするのに電気を使うよね⁉︎

日本は戦争に加担していたってこと!


原発避難いじめ


そもそも

フクシマの人がこうなったのは
お前らのせいだろう
なあ東電よ、首都圏の人間たち
なあ原発推進派の奴さん
と言いたい
賠償金あるだろ
って…
オマエら一生、子孫末代までかけて賠償金出せ
フクシマの人達の
家族をバラバラにして
故郷を永遠に奪ったたんだから
と言いたいが、ここは抑えて…

放射性物質…放射線を放つ物質

放射能…放射線を放つ能力

だから、

放射能がうつる

なんてありえない。


放射能が本当にうつったら

どちらもスーパーマンです。

むしろうつした人に感謝しなさい笑


学習院の先生の説明がわかりやすい。


私達は知らないからいたずらに怖がる。

子どもは大人の姿を見る。

大人が怖がるから…というか

大人が大人を
大人が子どもを
いじめる限り

いじめは絶対になくならない。

被ばくの憂き目にあった人を

これ以上いじめないために

私達も心穏やかでいるために

物事は知ってから言おうよ。



もっとも

「放射線は」蓄積されない


「放射性物質は」どうなんだろう。

まあ、うつることはないけど。




エンゲル係数は上がってきているらしい。


非正規労働者が増えたことだけじゃないならば
・ペットボトルのお茶
・インスタント味噌汁
・惣菜
…こんなの、実はお金がすごくかかっている。

作れば激安なのに。


食べるために働くというのなら

食費を抑えて穏やかに。

読んでみてください。
http://hirotaguchi.net/agriculture/post-1684/


実は一番いいのは

ご飯と具沢山味噌汁

なのではないか。

何も、毎日一汁三菜しなくても。

というか

毎日カップラーメンや出来合いの弁当

というなら

食べる量は「ご飯と味噌汁」と同じくらいだし。

食費は「ご飯と味噌汁」の方が安いし。

栄養は言うまでもないし。

このページのトップヘ