インターネット検索をしても
前向きになることは決してない。
むしろ気持ちが滅入ってしまう。
目指す夢があっても、多くの人が
「つらいよ」「やめなよ」「無理だよ」

①希望の光はわずか。
いいことは言わないもの。
言えば取られてしまう。
②人間、いいことより悪いことの方が目につくもの。

インターネットが私たち一般庶民にも普及してから、
インターネットの海は私たちの脳となった。
インターネットは日頃言わずにいることも見える。
そりゃそうだ、脳の中だもの。
では、人の頭の中は覗くものではないということ?

インターネットに頼ってしまうけれど、
それは、不特定多数の人間の深層にすぎず、あてにはならない。
それでも頼ってしまうのが人心。