本来、給料とは責任に比例するもの。
だから、政治家、警察、医者、教育者などが高給取りなのは当然のこと。
彼らの給料は社会的責任でできているのだ。


それをわかっていない人間が多い。
責任ある職業に就いている、あるいは就いていた、これから就こうとしている人間も、周りの人間も。
責任ある職業に就く者には、給料が高い部分だけを貪り、仕事をしない者がいる。
周りの人間は、責任の重さを理解せず、ただの優遇であるとつつく。
これでは世の中良くならない。


責任ある職業に就いている人間は、その責務を全うしないといけない。
その責任とは民に対するもの。だから、時に私財を用いて施す(海外セレブの慈善事業みたいなやつ)必要があると思う。
そうでない人間は、責任ある職業に就いている人間に対して敬意を払わないといけない。
「公用車で別荘」「ファーストクラス」というのは、責任ある仕事をしているから必要なものです。
あまりにも高いもの、公私混同のひどいものは、確かに良くないけれど。


組織絡みの不祥事、
モンスターペアレンツ、
政治とカネの問題の露出…
責任ある者とそうでない者が互いの立場をおもんばからなければ、世の中は良くならない。