8月15日、先祖の霊の帰る日

長崎では道で爆竹が鳴らされ


こうして、亡くなった人の霊は

こちらから帰っていく。


こういう行事がなされるのは、やっぱり

死んで終わりではない

という考えが昔から日本にあったからじゃないかと思う。

死んでなお、人は残る

という思いを忘れてはいけないと、最近とみに思う。

それは、決して非科学・非現実ではないのではないか。