私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません


だからお寺に行く必要はない…

なんてとんでもない。



亡くなった人が、本当に存在を消してしまうのは、

人から思い出されなくなった時。

「千の風になって」の歌詞の内容が信じられない時。

あの兼好法師も、
人の亡き後何が悲しいかというと、

その人の生きていた痕跡が何もかもなくなってしまうこと

だと述べている。

亡くなった人を思い、

自分をこの世に作ってくれたご先祖に感謝するために、

お墓があり、宗教があるのだ。

私たちが今こうしてあるのは、自分の力ではない。

そう、I was born

だから、自分をこの世に存在させてくれたご先祖を思うことは必要なこと。

それは、自分を振り返ること、

自分を強くすることであるのだ。

自分はこの世にひとりではないということを思うことが、

どんなに人を強くするか。


現代日本人の心が荒んでいるならば、

(少なくとも、自殺者が変死を含めず(他国では変死を自殺に含めている)年間3万近くというのは荒んでいるといえると思う)

その原因のひとつは、

日本人が宗教という心のよりどころを忘れたからだと思う。


お墓は、宗教に立ち返るためのツール、スポットとして存在する。

本当に「千の風」になった人を感じられるならばそれがいいかもしれないが、

まだ私達には難しい。

そこで、お墓が存在する。


時がもっと経って、私達が、お墓を要することなく亡くなった人を感じられるようになったら、

宗教は、死生観は、どうなるんだろう。