彼は(彼女は)勝手。
自分のことしか考えていない。

そういうものです。



彼(彼女)とは、お似合いの似た者同士。

あなたこそ勝手。

「好きな人」というのは

「(私が)好きな人」。

自分のことを考えているじゃないですか。

自分だって勝手なのだ。

そんな彼(彼女)のことを、これまでは許してきた。

勝手でもよかったんじゃないか。



それなのに、許せなくなった。


当たり前のことなのだろうが、

彼は(彼女は)勝手。
自分のことしか考えていない。

と思うようになったら、

彼・彼女が変わったのではなくて、

自分の心が変わったのだ

そして、彼・彼女に耐えられなくなったら、

別れどき。

残酷だけれども、仕方ない。

人の心は変わるものなのだから。

それこそ、勝手。



勝手な人は得なのかもしれない。

いや、得か。「勝つ手」だもの。