きょうこのことを思う

カテゴリ:おすすめ > アプリ

手がかりを探して、手がかりをもとに推理するゲーム。


操作は少々わかりにくいが、捜査内容は比較的簡単。

「‼︎」に沿って、証言または現場(証拠探し)と捜査を移動する。

捜査には、証言内容と証拠が必要。

証言は左右に画面をこする。

証拠は画面の中の現場の怪しい箇所をタップ。



https://itunes.apple.com/jp/app/fan-renha-pudesu-mi-jieki/id1121989372?mt=8

後ろ暗いことをごまかすために

疑ってくる仲間の秘密を探し、

みんなの前でバラす、

ちょっと恐ろしいゲーム。

ゲームそのものは単純ですが、

真実は最低2巡しないと見えません…


それにしても、

このアプリを作ったグループの人たちは

なんでもない人たち、とくに女性の

腹黒い一面を作りたがるものなんだなと思う。

https://itunes.apple.com/kr/app/mi-jieki-fei-se-tan-zhen-sheto100no/id1139103442?mt=8

内容は「罪と罰」に近いが、

「罪と罰」についてはこちら

・かわいい女の子が探偵
・現場写真がある

点で楽しめる。

また、メッセージアプリのような形で

文章が出てくるので、

文章を読むのが苦手な方も取り組みやすい。
(「罪と罰」は小説型。
活字が苦手な方は少々そこがストレスかも)

問われていることに注目して、

おかしなところをクリック!

「アリスの精神裁判」と同じスタッフが作ったゲーム。
アリス同様、ストーリーに引き込まれる、神社を舞台にした脱出ゲーム。
風習に犠牲になる人々の悲しみ、寂しさが怖いものになっていくのが切ない。

エンディングはたくさんありますが、
最終エンディングにたどり着いてはじめて「終わった…」という感じ。
別のエンディングに向かっていくたびに、パラレルワールドを作っているような感覚を覚えた。…まあ、他のマルチエンディングのゲームでもそういう感想は持つのかもしれないけれども。
アリスと違い、救われる最終ラストにほっとした。
アリスよりもこちらの方がわかりにくいかも…私は攻略を見ながらでないとできませんでした。

おはぎは食べないこと!
食べると、初期化しないと先に進めなくなりました…(あくまで私の場合)


催眠、といっても、誰かに意のままにされるという類のものではありません!
自分で自分に暗示をかけ、心地よい人生を送るためのものです。
実際、やってみるとかなり気持ちがいい!

やり方は、アプリがあれば簡単。
アプリの音声に従うのみ。
心地よく催眠状態に入り、精神が暗示にかかりやすくなります。
そこで、自分の目指すところを念じる!
しかも「○○しますように」じゃなく、叶ったときの様子を浮かべ、幸福感に浸る。
「ヒプノセラピー」というものです。



「催眠アプリ うつ」で検索すると出てきます。
「うつ」がかなり気持ちいいですが、他のもいいです。

このページのトップヘ