きょうこのことを思う

カテゴリ: ニュースを考える

 戦争遂行のための国策プロパガンダとして、イギリスの政治家アーサー・ポンソンビーは次の10要素を導き出しました。(以下、出典:ウィキペディア)

1.われわれは戦争をしたくはない。
2.しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
3.敵の指導者は悪魔のような人間だ。
4.われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う。(正戦論)
5.そしてこの大義は神聖(崇高)なものである。(聖戦論)
6.われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
7.敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
8.われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大。
9.芸術家や知識人も正義の戦いを支持している。
10.この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。

イラク戦争はこういって始まったよね。

さらにこう続く

 安倍総理も例外ではなく、憲法違反の安保法制を推し進めるために敵国の名を具体的に挙げています。

中国や北朝鮮の脅威が高まっておりミサイルが飛んでくる可能性がある、と述べています。

仮想敵国を名指しして恐怖を煽ることは、安保法制反対運動を抑えるのに有効だと思います。

しかし、安倍総理自身は実際にミサイルが飛んでくるとは思っていません。

ミサイルは、都合の良い想定として用いているだけです。

そういう「脅威」から国民の生命と財産を守るのが安保法制なんだ、と言いたいだけです。


ミサイルは飛んでこない。

煽られちゃいけない。

イラクの二の舞?三の舞?はやらない。


続きはここ。

シリア攻撃の拠点に

日本がお金を出している火力発電所が

電力を供給していた可能性がある

とのこと!

外務省に取材しても、
はっきり「NO」とは言っていない…


戦争をするのに電気を使うよね⁉︎

日本は戦争に加担していたってこと!


原発避難いじめ


そもそも

フクシマの人がこうなったのは
お前らのせいだろう
なあ東電よ、首都圏の人間たち
なあ原発推進派の奴さん
と言いたい
賠償金あるだろ
って…
オマエら一生、子孫末代までかけて賠償金出せ
フクシマの人達の
家族をバラバラにして
故郷を永遠に奪ったたんだから
と言いたいが、ここは抑えて…

放射性物質…放射線を放つ物質

放射能…放射線を放つ能力

だから、

放射能がうつる

なんてありえない。


放射能が本当にうつったら

どちらもスーパーマンです。

むしろうつした人に感謝しなさい笑


学習院の先生の説明がわかりやすい。


私達は知らないからいたずらに怖がる。

子どもは大人の姿を見る。

大人が怖がるから…というか

大人が大人を
大人が子どもを
いじめる限り

いじめは絶対になくならない。

被ばくの憂き目にあった人を

これ以上いじめないために

私達も心穏やかでいるために

物事は知ってから言おうよ。



もっとも

「放射線は」蓄積されない


「放射性物質は」どうなんだろう。

まあ、うつることはないけど。




選挙区が変わる。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170419/k10010954121000.html

そんなことはどうでもいい

どの選挙区であれ、

自分が求めることを
公約として上げている人に
投票するだけ。

選挙とはそういうものでは?

え?ある特定の政治家じゃないとダメ?

私達は政治家に政治をすることを求める。

望む世の中になるなら、それでいいのではないのか。

それでもその人がいいって
…まさか、その人から何かもらってるの?


誰が出るか

で考えるから、政治がダメになる。

どういうことを公約にしているか

を見なさいよ、ということが

今回はっきり示されたということじゃないですか。


逆に言えば、

いかにこれまで
公約じゃなくて
知名度や顔で
政治家を選んでいたか

ということですね。

公約を見ないで選んだ政治家ですもの、
そりゃ期待はできません。

新聞読んで、ネット見て、

何を約束しているかを確認だ。

ちょっとした衝撃映像
http://blog.goo.ne.jp/otubuku/e/2f2218de29cc0c8e957924919e67611f


ピーマンに種がない。


確かに我々は種を取ってピーマンを食べているから

便利は便利だけど…

こんなに種を無くしまくっていいのか?


そのうち、人間がタネなしになっちゃう…


いや、もうなりつつあるか。
男性の精子に…

注意!遺伝子組み換え食品を食べさせたネズミ


遺伝子をいじったネズミ


遺伝子をいじるとどうなるか、わかっているでしょう。

遺伝子組み換え食品を市場に広める

種子法の廃止、絶対に訴えよう。


このページのトップヘ