きょうこのことを思う

カテゴリ: ニュースを考える

ここ数年報道が下火?になっているものの、

刻々と進んでいる地球温暖化。

海没する国・地域もあるし、

食い止めないといけない…


というわけでもないというか、

気にするのはそもそも地球温暖化ではない

んじゃないかという説。


氷河期がやってくるんじゃないか
http://tocana.jp/i/2017/03/post_12739_entry.html


もちろん、

氷河期が来るかもしれないからといって

今のようなエネルギー使い放題では

温暖化とは違う理由で人間は滅びるだろう。

だが、

人間がこれまで引き起こした温暖化は

結果的に氷河期の寒さを緩和させることになる?

…すると、温暖化が必ずしも悪いともいえない。

そもそも、温暖化も氷河期も、

人間にとって不都合な環境変動にすぎない。

熱くなろうと寒くなろうと地球そのものは生きていく。

私達にできるのは、

地球に合わせて生きていくこと

だろうな。

今、私達は

地球に合わせさせている。

逆だろ。

こういうのを見ると、

真偽はともかく、

今こんなに食べ物をぜいたくにも

ボンボン捨てていっていいのかなあ

という気がしてしまう。

産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/premium/news/150726/prm1507260017-s.html





2030年、氷河期がやってくる。

歴史の中でしか聞いたことがなかった

飢饉(ききん)

が、現実のものとなる。



あと15年を切っている。

どうすればいいだろう。


少なくとも、

こんなに食べ物を捨てている場合ではなかろうという気はする。

こんなことニュースでは絶対に言わないけれど

東北は、東日本はもう住めない

とのこと。

東京からこっそり逃げていく人もいるほど。



故郷・長崎も放射能の汚染に遭い

70年以上経った今、

長崎市には放射能の被害に苦しむ人が今もいる。

だが、長崎は復興した。

長崎市出身の友人に健康被害に悩んでいる人はいない。

私も含めた長崎市外の人に、

放射能の被害にはほとんど出ていない。

今、長崎は放射能よりもPM2.5を気にしている。

昔を知る人は、

長崎ではすっきりとした青空を見られなくなった

と口をそろえて言う。

車には妙な細かい粒子がびっしりとつく。



東は放射能に

西はPM2.5に

汚染される日本

「解毒すれば大丈夫」

ではなく

「解毒しないとやがて異常死」

なのかもしれない。


解毒で完全に安心というわけではないが

解毒の必要性は絶対にある。

以下、解毒について書かれている。
https://www.google.co.jp/amp/blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/f851004399175d161ea63ab62499786c%3Famp%3D1



他にもいろいろあったが

共通することは

解毒食は昔ながらの日本食

であること。

逆に避けるべきは砂糖・乳製品・肉

であること。

70年前の長崎原爆でも同じ対応がなされたとのこと。


私たちに砂糖・乳製品・肉を好きにさせて

こういう災害を起こさせて…

何者かが私たちを絶滅させようとしているのだろうか。

トランプ氏の代で、

アメリカが世界のリーダーである時代は終わる。

トランプ氏就任の4年間で、

アメリカは大きなお金と世界のリーダーとしての地位を失う。


テレビや新聞で、似たようなことをぼかして言う人がいっぱいいるので、理由は特に書かない。

先に失うのは

アメリカのリーダーとしての地位。

お金はそこについてくる。

人々は知ってか知らずか、

アメリカが「自由と平等」を表に掲げて作った暴力的・支配的な世の中を変える方向に舵を切ったというわけ。



暴力的・支配的。

アメリカは世界大戦・冷戦の勝利者だからリーダーになったに過ぎない。

つまり、力でリーダーになったということ。

自由と平等の裏に暴力と支配が見えるでしょう?

その力がなくなれば、リーダーではなくなる。

もう一度強いアメリカに?

強い、とは?

世界の事情を一部分しか考慮していないのだから、

リーダーとしての強さを回復させようというのではないのか?



米軍基地を有する街を故郷にして思う。

米軍は日本の土地の使いやすいところを広々と使い、

日本人は狭い土地に、まるですし詰めのように密集して住んでいる。

こんなことは、世界中にあふれている。

戦争に勝ったから、我が物顔に世界を使っている。

自分の都合で「正義」を定め、無関係な人たちを虐殺していく。

アメリカのやっていることのどこが正義だ。なにが民主主義だ。

こんな国がリーダーでいいものか。

そもそもリーダーなんているのか。



トランプは大統領にふさわしい。

これでいいのだ。

彼が大統領になることで、世界のどす黒い部分の多くが白日の下にさらされる。

綺麗な言葉でだまされていた庶民は立ち上がり、

今の社会システムから少しずつ離れていく。

体の病気の回復のために、

体が一時的に熱を上げたりたくさんウミを出したりするように

この世界も、トランプによって悪いものがあぶり出される。

全ての生き物が幸せでいられる地球を作れるチャンスを、彼は作ろうとしている。

このページのトップヘ