きょうこのことを思う

カテゴリ: > 人とのつきあい

雑談が盛り上がるか。
話していて楽しい、心地よいか。
あまり表だって言われない気がするが(気のせい?)
人生を送るにあたってのパートナー(未婚。既婚を問わず伴侶・友人・仕事関係)を選ぶにあたって、
それは非常に重要なこどだと思う。
だから、雑談が苦手な人は人づきあいに自信が持てなくなる。
人づきあいにおいて大切なことはほかにもあるにもかかわらず。


雑談が苦手な人は、
相手の話を「うんうん」と聴いていればいい。
なんて嘘。
話好きでも、相手がただ話を聞いているだけというのは退屈なもの。
まして、相手が無理して話題を見つけて話している場合、
黙って聞くだけの相手というのは大きなストレスになる。

正確には、「うんうん」と聴いていればいい、というのはおまけのようなもの。
本当にやるべきは、「訊く」―そう、質問すること
特に、相手が話し始めてからは、「訊く」ポイントを相手の話の中から探す。
そこで「うんうん」を使う。
相手の話が切れたら、あなたの本領発揮。
見つけた「訊く」ポイントを使って質問だ。
ただし、「○○って、~~~~~~なの?」という、
確認のような質問はダメ。
答えが「うん」なら、そこで終わってしまう。
相手の話を掘り下げるのだ。
その過程で相手の興味・関心をつかめたらしめたもの。
思う存分話してもらおう。
話し終えたら、相手は、やがて、あなたを好きになる。
なお、このやり方をしているうちに、あなたからも話したいことができてくるかもしれない。
その時は、相手の話に区切りができた時点で話し始めればいい。
そこで話が切れた場合は、また「訊く」のだ。


もし、何を訊いても話が弾まなかったら
そのときは、あなたではなく、相手が悪い。
相手が、他者の話など聞く気もない自己中心的な人間か、
残念なことにあなたと話すことに興味がないのかは定かではないが、
言えるのは、
あなたの貴重な時間を割くべき相手ではないということ
仕事など、必要がある相手なら、必要なときだけの辛抱。
そうでなければ、こちらからさようなら。
人生は短い。時間は有効に使うべきだ。

最近の若者は
車離れ
海外旅行離れ
酒離れ
○○離れ!
けしからん!

…何が「けしからん」だ。
いいじゃない。

車離れ
そもそもみんなが車を持つようになったこと自体がここ60年くらいのこと。
車を持たなかった時代の方が断然長い。
そんなことは皆わかっているはずでしょう。
だから、ただ元に戻っただけ。
都会なら、車を持たなくとも電車で十分。
田舎だって、実は車ではなく公共交通機関を使うことを求めているかもしれない。
実際、私の地元のバスには
「通勤にはマイカーをやめてバスで!」
と大きく書いてある。
自動車の排気ガスは地球環境を破壊する。
自動車のガソリンは地球の資源を大量に消費する。
車離れは、私たちの住む地球を守ろうとする、自然な流れなのかもしれない。


海外旅行離れ
海外とはどうしても行かないといけない場所なのか?
行って遊ぶだけなら、海外に行く必要がどこにある。
・海外を見ておきたい
・海外でないと味わえないものがある
・現地の人と交流したい
本当に海外に行く必要があるのはそういう人だけであって、
多くの人にとっては必要のないこと。
それに、飛行機代はかつてに比べて安くなった。
「海外に行く」のは、もう金持ちのステータスでもなんでもない。
ステータスがほしいからという理由で、
みんながやっているからという理由で、
ものごとをやるのはもう時代遅れかもしれない。
海外旅行離れは、私達に真価を見極めさせる。


酒離れ
これはタバコでも同じことが言えるかもしれないので
「酒・タバコ」で書く。
酒・タバコこそ、無用の嗜好品の最たるものだと思う。
「ほどほどにすれば百薬の長」だというが、ほどほどにしている人間はどれだけいるか。
現代人のほとんどが「これなら飲まない方がまだ健康的だ」という飲み方なのでは?
「酒を囲んでの会」も無駄だ。
酒を飲まないと言えないこと?
酒を飲まないと仲良くなれない人?
日本は公然と酒に依存させる社会ということか。
酒に頼らないといけないことなんてくだらない。
こんなに酒に頼っているのは日本人くらいなもの。
国際化を気取るなら、私達はいよいよ、酒に頼っている場合ではなくなったということだ。


他にも「○○離れ」で離れていることは、
みんなが憧れるものではなくなった、という側面もあるだろう。
離れられる「○○」は、一昔前の憧れ。
そして、そうして使われるお金は企業の利潤として吸い取られる。
「○○離れ」によってそこからの脱却が起こっている。
これは、大きくなるだけの経済からの転換のはじまりではないか。


唯一「宗教」だけは、離れない方がいい…どころか、
ますます大切にするべきだと思う。
現代は核家族化・個別化が進んでいる。
それぞれやりたいことができる一方、人とのつながりは薄れてきている。
すると、頼れるものはお金だけということになるが…
どんどん貧しくなっている私達に、どこまでそれに頼れるものか。
貧しくなってきている今、人とのつながりの大切さに立ち返るべきではないのか。
その媒介として、宗教があるものと思う。
現代における宗教の役割は、
生きている人同士
生きている人と亡くなった人
をつなぐことにあるのかもしれないな。、

同窓会なんか行かない方がいい。

同窓会が楽しいのは卒業して2〜3年くらいのことで、

そこから後は後味が悪いだけ。

卒業したら、みんな違う世界の人になる。

だから話題はこんな感じ?

自分は会社でうだつが上がらなかったり
場合によっては会社がつぶれたりしているが
級友は社長・エリートコース

級友は美しくて賢い伴侶とラブラブ
級友が若い女と結婚した
自分には恋人すらいないのに

一方、こんな話も。
最近〇〇の薬を飲んでいる
ガンで〇〇が入院したらしい
〇〇来てないね…死んだよ

…これで楽しくいられますか?



本当に仲が良くて、会いたい人とは、

自分達で会う場を作るでしょう。

同窓会を待つ必要はない。

そうじゃない人、つまり同窓会でないと会わない人とは、

会って話したところでいい思いはしない。

世界が異なれば、本来交わることはないし、

交わったところで水と油。

そのことを無視して、もう世界が違ってしまった人同士を無理に引き戻す場、同窓会。

同窓会は嫉妬と悲しみの場だ。



同窓会で元同級生と付き合うことだってある?
…それをねらうなら、
・自分は景気のいい話題を持っていくこと
・早い段階で二人きりになること
でしょうな。

自閉症
学習障害
ADHD
その他もろもろ…

と言われる子どもが増えたように思える?

「思える」?

事実はどうなのか。

①昔から、そういう子どもは一定数いたが、

「発達障害」ということばができて

注目されるようになった。

そうならば、それはいいことかもしれない。

本人の怠けではない

ということで、きちんと配慮してもらえる。

視力が弱い子どもが、前の方に座れるように。

病気扱いされて、差別を受けるのであればよくないけれど…

しかし、それでも、メリットの方が大きいように思う。


②本当に、発達障害の子どもは増えた

とすると、

原因は現代の何かにある。

電磁波か。
食品添加物か。

物心ついた頃からスマホにゲーム、
添加物バリバリのご飯を食べまくる。

いや、
胎児の頃から

スマホにゲームの母親から電磁波。
添加物バリバリの血液が入って来る。

これで壊れないはずがないか。


でも、

こういう人多いよね…

これから生まれて来る子どもたちはどうなる?

そうやって日本人は、少しずつ滅ぼされていく?

彼は(彼女は)勝手。
自分のことしか考えていない。

そういうものです。



彼(彼女)とは、お似合いの似た者同士。

あなたこそ勝手。

「好きな人」というのは

「(私が)好きな人」。

自分のことを考えているじゃないですか。

自分だって勝手なのだ。

そんな彼(彼女)のことを、これまでは許してきた。

勝手でもよかったんじゃないか。



それなのに、許せなくなった。


当たり前のことなのだろうが、

彼は(彼女は)勝手。
自分のことしか考えていない。

と思うようになったら、

彼・彼女が変わったのではなくて、

自分の心が変わったのだ

そして、彼・彼女に耐えられなくなったら、

別れどき。

残酷だけれども、仕方ない。

人の心は変わるものなのだから。

それこそ、勝手。



勝手な人は得なのかもしれない。

いや、得か。「勝つ手」だもの。

このページのトップヘ